うつ病を克服する方法について

薬を飲まなくてもうつ病は治る

このエントリーをはてなブックマークに追加
最初に言っておきますが、うつ病は薬を飲まなくても100%の確率で治せます。当サイトでは、薬を飲まなくてもうつ病を克服する方法について解説をしていますが、具体的な方法について説明をする前に、うつ病の正体について、医学的な視点から簡単に解説を致します。うつ病の正体を理解していないと、正しい方法でうつ病の治療を行うことができないからです。

うつ病とは?
うつ病とは、脳内物質の一つであるセロトニンが極端に欠乏している状態のことです。脳内のセロトニン濃度が高くなると、精神状態が安定し、多幸感を感じることができるので、セロトニンは幸せ物質とも呼ばれていますが、その一方で、セロトニンが極端に欠乏すると精神状態が乱れ、うつ病になるのです。現在、うつ病治療で使われている抗うつ薬のほとんどは、薬の作用で脳内のセロトニン濃度を高め、うつ病の改善を図ります。

うつ病の治療の鍵となるのはセロトニン


上記で、うつ病とは脳内物質のセロトニンが極端に不足している状態であることは説明をしましたが、裏を返せば、脳内のセロトニン濃度を高く保つことができれば、うつ状態にはならないわけです。実は脳内のセロトニンは簡単な方法で増やすことができます。脳内のセロトニン濃度を常に高い状態に保つには、脳の前頭葉にあるセロトニン神経を鍛えることで、それが可能となります。つまり、日々の鍛練でセロトニン神経を鍛え、平常時でもセロトニンの分泌量を多く保つことができれば、薬を飲まなくてもうつ病を克服することができるのです。

脳内物質のセロトニン


スポンサーリンク


セロトニン神経は二つの方法で鍛えられる


セロトニン神経を鍛えることで、常に脳内のセロトン濃度を高く保てると説明をしましたが、セロトニン神経を鍛えることができる方法は二つあります。それは、「リズム運動」と「日光浴」です。それぞれについて、詳しく説明をしましょう。

リズム運動

ウォーキングやジョギングなどの一定のリズムで行うリズム運動を毎日行うことで、セロトニン神経を鍛えることができます。リズム運動は5分以上で効果があると言われていますが、理想は20分〜30分です。

リズム運動


日光浴

朝起きてから太陽の光を15分〜30分程度浴びると、セロトニン神経を鍛えることができます。尚、リズム運動よりも日光浴の方がセロトニン神経を鍛えるには効果が高いと言われています。

日光浴


プロバイオティクスでも脳内のセロトニンは増やせる!


プロバイオティクスとは、腸内に生息している乳酸菌やビフィズス菌のなどの人体に良い影響を与えてくれる腸内細菌(善玉菌)のことです。これらの腸内細菌(善玉菌)を増やすことで、脳内のセロトニン濃度を高めることができます。その理由は、腸内細菌(善玉菌)がセロトニンの前駆物質である5HTPを脳に運ぶ役割を担っているからです。

腸内の善玉菌


プロバイオティクスを取り入れたうつ病治療は、今世界中で注目されています。プロバイオティクスの影響でうつ病が治り、抗うつ薬の辛い副作用から解放された方もたくさんいらっしゃいます。プロバイオティクスによるうつ病治療についてもっと詳しく知りたい方合は、以下のリンクから解説ページへお進みください。

⇒プロバイオティクスの解説ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク